2017/08

<< August 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


MY RECENT TRACKS

 

LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

RECENT COMMENT

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND
Hysterical
Hysterical (JUGEMレビュー »)
Clap Your Hands Say Yeah

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND
Mirror Traffic
Mirror Traffic (JUGEMレビュー »)
Stephen Malkmus & The Jicks

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

ARCHIVES

 

RECENT TRACKBACK

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


Beirut Live @ Shibuya O-west

ベイルートの追加公演に行きました。ザックの右手首のホルンのタトゥーがよく見えた。ほんと金管楽器が好きなんだねえ。Fleet Foxes が冬なら、彼らは春や秋の豊潤な季節かな。暖かくてうららか、もしくは実りがあって心が浮きたつ季節。東欧風味な風に乗って、幸せな気分になってきました。




トランペット、スーザフォン、トロンボーン、ホルン、鉄琴、ウクレレ、アコーティオン、ピアノ、ウッドベース、ドラム、パーカッション。楽器の名前に詳しくないので間違っているかもしれないけど、次々と楽器を持ち替えては繰り広げられるステージ。まるで旅の楽隊ですね。曲ごとに街から街へ旅しているようです。ハーメルンの笛吹きよろしく、街の人たちである我々は彼らについてゆく。石畳の広場でカーニバル、つぎの街では収穫祭、陽気なパブで。みたいな。あ、ギターのいないライブを見るのは久しぶり、かもしれない。それにしても、バンドの皆さんが全員穏やかでいい人そうです(笑


トランペット吹いてすぐ歌うのは大変そう。トランペットを吹きに吹いて、すぐさま歌い出すその肺活量に脱帽です(笑) もちろんもうひとりの、主旋律のトランペットとホルンを吹いて、鉄琴も弾いて、コーラスもやるザックの横の彼も。コーラス中は、トランペットを胸の前でまっすぐ抱えて、指は常に動いて準備運動。そしてバンドの中で一番背の高そうな人が、トロンボーンや大きな大きなスーザフォンを吹く。スーザフォンのラッパが黄金色に眩しく輝いて、太陽のようでした。


やはりアンコールでザックが一人ウクレレを抱えて弾き語り。間違えたのかぷっと吹き出しながら歌う。最後はバンドで街のカーニバルで終了。会場もすごい盛り上がっていましたね。最新アルバムをちょっと聴いただけのにわかリスナーながら、すごく楽しかった!他のアルバムも聴いてみます。


外に出ると雪がしんしんと降りだしてました・・・それもまた風情があって素敵だったな。



Beirut Live @ Shibuya O-west
2012/01/23

Scenic World 
The Shrew 
Elephant Gun 
Vagabond 
Postcards From Italy 
East Harlem 
A Sunday Smile 
Mount Wroclai (Idle Days) 
Nantes 
Port of Call 
Cherbourg 
Goshen 
After the Curtain 
Santa Fe 
Carousels 

-------------
The Penalty (Zach Condon solo)
My Night with the Prostitute from Marseille 
The Gulag Orkestar 
Siki Siki Baba (Kocani Orkestar cover)



JUGEMテーマ:ROCK




スポンサーサイト

 


comment

>シリキさん
ベースギターもそういえば演奏していたかも… ドラムとベースの二人は残念ながらあんまり良く見えなかったのでした。それくらい賑わってましたよね~ チケがすぐ売り切れたので、追加が決まったときにあせって取りました。

シリキさんは管楽器だったんですね!吹きまくったあと歌うのってどんな感じかわかるんですね(笑

  • desktop
  • 2012/02/08 9:53 AM

訂正です!
エレキギターじゃなくてベースギターでした。

  • シリキ
  • 2012/02/03 1:27 AM

私も追加公演行きました!あんなに人気があったとは私も驚きでしたね。好きな人は前からいると知っててもマイナー人気だと思い込んでいて(笑)。で、細かい事ですが一回だけウッドベースの彼がエレキギター弾いてましたよ。おおって思ったけどその一回だけでした(笑)中学のとき管楽器部活で吹いてたので懐かしい響きでした♪

  • シリキ
  • 2012/02/03 1:25 AM

あ、O-westだったみたいです。
ずっと勘違いしてました・・

  • desktop
  • 2012/01/29 5:35 PM

>yasさん
たしかにすごい人気でしたね!わたしは最新アルバムから入った完全後追いリスナーなので、ここまでとは知りませんでした。クアトロのあの柱はほんとに・・・O-eastは奥行きがあまりないので、まるで見えないということはないと思います。入口から会場が直結ですけど。

若くなくなったらライブでの役割をちょっと変えるんですかね。まあだいぶ先の話ですね。次はいつ来てくれるのかなあ。

  • desktop
  • 2012/01/29 5:31 PM

追加公演は当日券が出るという話があったので、クアトロで悔しい思いをした僕はなんとしても行きたかったのですが、その日はすでにスザンヌ・ヴェガが入っていたので諦めました。まあ、あれだけの人気ならまたすぐに来てくれることでしょう。

そうそう、あんだけトランペット吹き鳴らして、何事もなかったかのように続けて歌うザック君がすごかったです。若いね。

  • yas
  • 2012/01/28 10:37 PM









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--