2017/06

<< June 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


MY RECENT TRACKS

 

LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

RECENT COMMENT

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND
Hysterical
Hysterical (JUGEMレビュー »)
Clap Your Hands Say Yeah

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND
Mirror Traffic
Mirror Traffic (JUGEMレビュー »)
Stephen Malkmus & The Jicks

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

RECOMMEND

 

ARCHIVES

 

RECENT TRACKBACK

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


Fleet Foxes Live @ Shinkiba Studio Coast

もう1週間以上前になってしまいましたが、フリートフォクシーズを見に行きました。

雪がちらついていたこの日の朝、新木場へ出かけるつもりの人たちは皆同じメロディを思い浮かべていたことでしょうね。もちろんあの曲 White Winter Hymnal ・・・ まあ夜にはすっかり止んでいて、残念な気持ちとほっとしたのと。なにしろ潮風ふきさらしの新木場は寒くてたまらんですから。




風流のかけらもない話はさておき、痛いほどの寒さにぴったりだった彼ら。それはもう丁寧に繰り広げられる美しいメロディや音色の数々。潔癖な印象すら受ける物悲しくも温かく完璧な世界でしたねえ・・・ロビンの透明に伸びゆく歌声にかさなるコーラスたち。まるで賛美歌のような・・・ 


音へのこだわりもすごかった。曲と曲の間でほぼ毎回時間をかけて楽器の調整。会場はもちろんしんと(笑) まあいつもは気になるところだけど、彼らの場合はこの沈黙も似合うのかなあと思いました。本人たちは気にしなかっただろうか・・  


ロビンがスカイラーにわざと近づいて「ちょっと近いよ!」ってな感じのなんと言うかかわいらしいシーンがあって、あ、この人たちはほんとは若いんだよなあと思い出しました。なにしろ熟練した演奏に、落ち着いた雰囲気で、若手だということをいっさい感じさせない。


そんな中、突然の不協和音を鳴り響かせることもあり。一番右にいたマルチプレイヤーのヒゲの人(名前調べてない)、フルートだのギターだのタンバリンだのいろんな楽器を手にしていたけど、おもむろにサックスまで登場。驚いていたら、その奏でる音は氷山がギシギシいうような自然界のノイズのような音でした。そう、美しいだけじゃない、爆発するような高揚の瞬間もあるのです。雪を見ながら火にあたっていたかと思えば、静かな雪原にぽつんとひとりぼっち、かと思えば雪の高山で氷が大きく音をたてて割れてゆくのを呆然と眺める、みたいな。


アンコールでロビンがひとりで弾きかたりタイム。いままでのバンドでのストイックな雰囲気からちょっと変わって、少し自由というか、観客に一歩近づいた演奏のように思いました。生身な感じ。他の音がほとんどない中で響く声がもう・・





ステージ背景には常に雪が舞い落ちていて、そこに険しい山に積もる雪や、山々、タペストリーの模様のような映像。ずっと雪が落ちているから、下から見上げていると錯覚でステージが上にあがってゆくように見える瞬間があって、さらに不思議な世界にいるような気になったのでした。


この日が最後だったドラムのジョシュは、コーラスも担っていたし、何よりあのドラミングがこのバンドからいなくなるのはどうなってしまうんだろう。ただ、皆があまりにマルチなので、どうあれ素敵に変化していくのかもしれないな。ジョシュは最後だからか、最後までステージに残っていました。お客さんにシンバルあげちゃうなんて!



Fleet Foxes Live @ Shinkiba Studio Coast
2012/01/20

The Plains / Bitter Dancer
Mykonos
Battery Kinzie
Bedouin Dress
Sim Sala Bim
Your Protector
White Winter Hymnal
Ragged Wood
Montezuma
He Doesn't Know Why
English House
The Shrine / An Argument
Blue Spotted Tail
Grown Ocean

------
Katie Cruel
Oliver James
Sun It Rises
Blue Ridge Mountains
Helplessness Blues



JUGEMテーマ:ROCK


スポンサーサイト

 


comment

>yasさん
圧巻でしたねえ・・ アルバムだけ聴いていると大人しい印象なんですが、もっと広々とした空間を持っているバンドなんだな、とライブを見て分かりました。なかなか言葉では表現できないステージでした・・・

あ、マスクしてゆらゆらと立ち尽くしていたのがわたしです(笑

  • desktop
  • 2012/01/28 5:57 PM

desktopさんもあの日いらっしゃったんですね。写真を拝見すると、僕とそう遠くないポジションで観られていたようです。まあ、すぐ隣で観ていてもわからないですが(笑)

自分のブログを書き終えてから、なにか書き残したなあと思っていたことをうまく書いてくださっていて、同感です。あのとてつもないサックスの音をはじめとした、単なる懐古趣味の穏やかな音じゃない、とてもアグレッシブな演奏をするバンドなんだということを、僕も観ながら思っていたのでした。圧巻です。

  • yas
  • 2012/01/28 5:11 PM









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--